【まとめ】夢のようだけど現実的な不労所得の種類19選




The following two tabs change content below.
北田豊

北田豊

ファイナンシャルプランナー・AFP・資産形成コンサルタント
外資系金融機関にて7年間勤務。連続年間表彰、上位1%の成績を収めた後、株式会社Bright Reachに副社長として参画、入社後半年以内で、代理店ランキング全国No.1に育て上げる。不動産・保険を活用した、節税・節約・資産形成コンサルタントとして活動。MDRT基準COTホルダー
コインを積み上げているビジネスマン

雇われてあくせく働いていると自由に生きたいと思いませんか。でも働かないと稼げない諦める。でも働かなくても収入を得る方法があります。それが不労所得。

不労所得であなたは自由な人生を手に入れられます。その不労所得にどんな種類があるか紹介します。

【まとめ】夢のようだけど現実的な不労所得の種類19選

1)そもそも「不労所得」とは?

【1】不労所得の定義とは

不労所得とは、それを得るために労働する必要がない、もしくは労働の量に比例せずわずかな労働で得られる所得のことです。労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指します。働かずに得られる収入または収入源という意味で定義されます。

【2】不労所得・勤労所得の違い

不労所得・勤労所得の違いを見てみましょう。不労所得とは自分が働かなくても得られる所得を指します。例えば利子や配当金、所有ビジネスからの収入が該当します。

これに対して勤労所得とは、自分が働いて得る所得の事を言い、賃金や給料などがこれに該当します。不労所得・勤労所得の一番の違いは労働という自分の時間を提供した対価として所得を得るかどうかと言うことです。

【3】世間の不労所得のイメージって?

不労所得というと世間では「働かないで儲かる」といったことから悪徳商法や詐欺行為といったイメージで捉えられることもあります。特に日本では所得とは汗を流した労働の対価として得られる物と言ったイメージを持つ人がまだまた多いため、一部で良いイメージを持たれない場合もあります。

【4】一般的な不労所得の特徴の解説

一般的な不労所得では自分自身が労働をする必要はありません。ではどうやって所得を生み出すのかというと、手持ちの資産を働かせることによって所得を得るのです。

とはいっても資産が、あなたの代わりに労働するわけではありません。資産やお金、情報に付加価値を持たせることで、新たな収入を得ていくのが不労所得の特徴です。

2)不労所得の19種類まとめ

【1】アイディア1:アフィリエイト・広告収入

アフィリエイトや広告収入で不労所得を得る方法があります。前提としては、多くの人に読まれるブログを持っている必要があります。面白い記事を書き続けるか、または自身が有名人であれば日常の様子を書くだけで多くの人に見てもらえるかもしれません。

アフィリエイトや広告収入の特徴としては気軽に始められることです。ただしその分競争も激しくなっているため、継続的な改善や記事の投稿が必要となり、手間が掛かってしまう可能性はあります。パソコンがあれば始められる手軽さはあります。稼げる金額は一般的に月に数百円から数万円くらいですが、多くのアクセスがあるブログでは数十万円から数百万円を稼ぐことも可能です。

【2】アイディア2:アプリ・ゲーム開発

もしプログラミングができるのであれば、アプリ・ゲーム開発で不労所得を得る方法もあります。現在はゲームを作ってスマートフォンアプリを公開することでアプリ購入による対価を得ることができます。一度ヒットするアプリを作れば大きな収入を得ることが可能です。

逆にヒットに結びつかなければ、全く収入を得ることができません。これもアプリを開発するパソコンがあれば始められる手軽さはあります。稼げる金額は月に数百円から数万円くらいですが、多くのダウンロードがあるアプリを作ることができれば数十万円から数百万円を稼ぐことも可能です。

【3】アイディア3:著作権ビジネス(イラスト・写真・音楽・動画など)

イラスト・写真・音楽・動画など自身が著作権を持つコンテンツを販売することで不労所得を得ることができます。例えば、素材販売サイトに投稿したりする方法もありますし、自分のブログ内で販売する方法もあります。

これも競争も激しくなっているため、継続的な改善やコンテンツの投稿が必要となり、手間が掛かってしまう可能性はあります。稼げる金額は月に数百円から数万円くらいです。

【4】アイディア4:発明品・特許ビジネス

もしあなたが新しい技術やアイデアを持っているのなら、発明品を作ったり、特許を取ることで不労所得を得られるかもしれません。世の中に無かった発明品・特許によって新しい便利を提供しヒットすれば大きな所得につながります。

ただし、発明品を作ったり特許を取るだけでは収入につながらないため、いかにして販売するかも同時に考えましょう。稼げる金額は発明品や特許の内容に大きく左右されます。

【5】アイディア5:ネットワークビジネス

ネットワークビジネスは、製品やサービスを販売する組織を構築するビジネスです。人から人への口コミのネットワークなどで組織を構築することで直接かかわっていないところでの流通も収入の対象となる権利収入が得られます。

ネットワークビジネスの特徴としてネットワークの上位にいれば優位に収入が得られるのですが、後になってネットワークに加わった場合にはネットワークを十分に広げることができず多くの収入を見込むことができません。

ネットワークに加わる際に、商品を購入したりサービス加盟料を支払わなければならない場合が多くあります。ネットワークの上位にいれば月に数百万円稼ぐことも可能ですが、すでに飽和状態になっている企業などでは、数千円から数万円程度しか稼げない可能性もあります。

パソコンで作業をしている様子

【6】アイディア6:システム・ソフト開発

システム・ソフト開発で不労所得を得る方法もあります。最近はクラウドソーシングで手軽に受注する方法もあるので、スキルがあるなら有効な収入を得る手段だといえます。一度作ってしまえば、それをベースに何度も所得を得ることは可能です。

また都度都度のスクラッチ開発だとしても開発後の保守契約を結ぶことで定期収入を得ることが可能です。ただしクラウドソーシングの受注は競争が激しいため、いかに他の受注者と差別化できるかがポイントになります。

システムを開発するためのパソコンがあれば始められる手軽さはあります。稼げる金額は開発対象のシステムの開発規模によりますが単発契約で数万円から数百万円と幅があります。

【7】アイディア7:成果報酬型ビジネス

もしあなたが何かについての情報を持っている、もしくは情報得られるのなら成果報酬型ビジネスで不労所得を得る方法があります。例えば求人採用や不動産物件などの情報を必要としている人に紹介し、契約が成立することで契約成立の成果報酬手数料を得ると言うものです。

マッチングの機会が少ないと収入を得ることができません。情報を持っていれば初期費用は必要ありません。稼げる金額は、紹介内容によりますが一回数万円から数十万円くらいが相場です。

【8】アイディア8:書籍・電子書籍・雑誌物の出版ビジネス

文章を書くのが好きなら、本を出版し印税という不良所得を得られます。ただし、印税自体はそう多くない収入のため、他のビジネスにつなげるための箔付けとして考えるのも良いでしょう。印税率は数%から十数%くらいが一般的です。

【9】アイディア9:自販機・コインランドリービジネス

自宅や所有している土地に余裕がある場合、自販機を設置したり、コインランドリーを建てて所得を得る方法もあります。自販機やコインランドリーは運営にほとんど人手を必要としないため、普通のお店を経営するよりも手間を掛けずに収入を得ることができます。

成功するかどうかは立地が大きく影響するため、需要があるかどうかの見極めが必要です。月に数万円くらいの稼ぎが通常です。

【10】アイディア10:駐車場オーナー

当面利用目的のない土地があるなら駐車場にしてしまいましょう。月極の定期契約で貸し出す方法もありますし、コインパーキングにして時間貸しにする方法もあります。

需要が少なく空きが多いと十分な所得が得られないリスクがあります。最初に数百万円程度の整備費用が必要になります。駐車場の広さと値段設定によって稼げる金額は大きく異なってきます。

【11】アイディア11:貸し倉庫ビジネス

貸し倉庫を建てて不労所得を得る方法もあります。特に都市部では自宅に多くの収納スペースを持つことができないため、一定の潜在需要があります。最近では趣味のガレージとして倉庫を借りる人もおり、注目のビジネスです。

ただしこれも需要が少なく空きが多いと十分な所得が得られないリスクがあります。最初に数百万円から数千万円の倉庫施設整備費用が必要になります。倉庫の規模と値段設定によって稼げる金額は大きく異なってきます。

【12】アイディア12:シェアハウスビジネス

住んでいない建物があり持て余している場合シェアハウスとして貸し出すことで不労所得を得られます。また最初からシェアハウスとして建て貸し出す方法もあります。

シェアハウスに住むことを希望する人は、値段の安さと共に他の住人とのコミュニケーションを好む傾向もありますから、「子育て」などテーマを持ったシェアハウスにすることで人気を得られる可能性もあります。入居者が集まらない空き室リスクが考えられます。最初に数百万円から数千万円の費用が必要になり、部屋数の規模や値段設定によって稼げる金額は大きく異なってきます。

テーブルとソファー

【13】アイディア13:レンタルスペース

ノマドワーカーのための仕事場や社外会議室として使用できるレンタルスペースを経営することで不労所得を得ることができます。ポイントとしては駅近など利便性が高ければ利用率を高く保てます。これも需要が少なく空きが多いと十分な所得が得られないリスクがあります。

予め所有している不動産を利用するのか不動産取得から行うのかによって最初に必要な金額は大きく異なりますが最初に数百万円から数千万円の費用が必要になります。設備の規模や値段設定によって稼げる金額は大きく異なってきます。

【14】アイディア14:役員報酬

もし家族が会社を経営しているなら、役員として籍を置かせてもらうことで役員報酬を得ることができます。ただし、役員になるには株主である代表取締役の家族であるなどの条件を満たす必要があります。会社の事業が不調になった際には、役員を解任される可能性があります。会社の規模や収益によって稼げる金額は異なります。

【15】アイディア15:ビジネス投資家・ビジネスオーナー

あたらしいビジネスに投資することで所得を得る方法があります。「ベンチャーキャピタル」「エンジェル投資家 」とも呼ばれます。あなたが将来有望だと判断出来るビジネスを見付けたら出資をしましょう。出資することで株式を取得することで配当を得たり、株式売却時の差益を得るものです。

当然、ビジネスが大きく成長すれば大きな所得を得られますし、ビジネスが失敗すれば損失を生じることになります。投資した金額の規模とビジネスがどれだけ成長するかで稼げる規模は大きく異なってきます。

【16】アイディア16:マンション・アパートの大家(家賃収入)

マンションを購入したりアパートを建てて物件のオーナーになり賃貸物件として貸出すことで入居者から家賃を得ることができます。所有する戸数が増えれば、その分収入が増える可能性も増します。

物件の管理が必要ですが、管理自体を管理業者に任せてしまえばほぼ完全な不労所得にすることもできます。入居者が集まらない空き室リスクがあります。最初に数百万円から数千万円の投資が必要です。稼げる金額は部屋の規模や値段設定によって異なってきます。

【17】アイディア17:不動産投資

将来の価値向上を見越して不動産を購入し、売買差益を得る方法があります。購入する不動産は、再開発が予定されているエリアや新しい鉄道路線や道路が開通するといった将来発展が予定されている場所を見付けて行うようにしましょう。

不動産の価値が向上しないと、見込んでいた差益を得られないリスクがあります。投資する規模とどれだけ不動産価値が上がるかで稼げる金額は大きく異なってきます。

【18】アイディア18:株式・FX投資

株式投資やFX投資で所得を得る方法もあります。どちらも基本は安いときに購入し、高い時に売ることで差益を得ます。株式投資は企業の株式を選んで投資する方法もありますし、投資信託を購入することで間接的に投資する方法もあります。

実際に投資する金額以上のレバレッジを掛けて大きな利益を得る方法もありますが、逆に損失のリスクも大きくなります。投資する金額とどれだけ値動きがあるかで稼げる金額は大きく異なってきます。

【19】アイディア19:ビジネス・事業の売却

自分自身が何らかのビジネスや事業を行っており、今後そのビジネスからリタイアをする予定があるなら、ビジネス・事業自体を売却することで所得を得ることができます。

特にビジネス・事業に今後も継続的に収益を得られるだけの価値がある場合には、時価だけではなく将来価値も見込んだ売却益を得ることができるでしょう。逆にビジネス・事業が魅力に乏しい場合は十分な売却益が得られない場合もあります。

説明をしているビジネスマン

3)上記の中でも世界中の資産家が実際に実行している不労所得の代表例

【1】不動産投資

不動産投資は実際に資産家が行っている代表的な不労所得を得る方法です。これは長期的な視点で現時点で価値が低い不動産を手に入れ、長期的な価値向上を見込んだり、自身が開発を行うことで不動産の価値を向上させて大幅な利益を得ることができるためです。

【2】不動産オーナー

不動産オーナーになるのも資産家が行う代表的な不良所得を得る方法です。入居者の確保や物件の価値維持のために手を掛ける必要もありますが、これも収益が出る物件であればお金で管理業者に任せることもできるため、完全な不労所得として収益を得ることも可能です。

【3】資産運用

株式やFX投資、または金などの貴金属、現物投資などで資産運用を行うこと、更にはビジネスなどに投資することも資産家が行う不労所得の代表です。これは自身が働かなくてもお金に働いてもらう状態にすることです。資産運用では様々な種類の投資を幅広く行いリスク分散を行うことが重要です。

4)不動産投資がオススメな理由とは?

【1】不動産投資のメリット

不動産投資のメリットは、完全な不労所得の実現が可能であるという点です。たの不労所得では少なからず労働を行う必要が出てきますが、不動産投資であれば、全く手を掛けずに所得を得ることも可能だからです。また差益の所得を得るまではマンション・アパート経営や駐車場経営など他の方法に利用できるということも大きなメリットです。

【2】不動産投資の現実的な注意点

不動産投資を行う上での注意点としては、今すぐに必要なお金を使って投資をしないということです。不動産投資の所得を得るまでには通常ある程度の時間を掛ける必要があります。目の前の現金が必要な状況で不動産投資を行ってしまうと、資金繰りに行き詰まってしまう可能性があります。

【3】0円からでも始めることができる?

もし手持ちの資金がないけれど不動産投資を行いたいという場合には、融資を受けて始めるという方法もあります。ただしその場合には別の収入源ももったまま始めるようにしてリスクを低減しましょう。融資の返済が滞らないような手を持ったまま不動産投資を進めることで、余裕を持った運用を行うことができます。

5)不労所得を始める前に知っておきたい知識とは

不労所得を得るにはここまでに紹介した様々な方法があります。中には労働は必要ないものの、継続的な対応が必要となり結局は時間と手間を掛けなければならなくなるものもあります。今自分が持っているものがお金なのか、資産なのか、情報なのかを見極め、最も効率の良い方法で所得を得るようにしましょう。

まとめ

1)不労所得と一般的な所得の違いを理解しよう

2)不労所得は資産・お金・情報に付加価値を持たせて新たな所得を得る

3)代表的な不労所得を得る方法

4)世界中の資産家が実際に実行している不労所得

5)注目の不労所得である不動産投資

6)不労所得を始める前に今もっているものを見極め最も良い方法選ぼう

The following two tabs change content below.
北田豊

北田豊

ファイナンシャルプランナー・AFP・資産形成コンサルタント
外資系金融機関にて7年間勤務。連続年間表彰、上位1%の成績を収めた後、株式会社Bright Reachに副社長として参画、入社後半年以内で、代理店ランキング全国No.1に育て上げる。不動産・保険を活用した、節税・節約・資産形成コンサルタントとして活動。MDRT基準COTホルダー




無料相談実施中!

【費用】無料

【内容】当メディアの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には、専門家にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お金を「稼ぐ」「貯める」「増やす」「守る」「遺す」の5つのステージから考える弊社独自のノウハウは、現在まで【1000名】を超える方々から支持されています。

小さな疑問から、まずはお気軽に「株式会社ブライトリーチ」までお問い合わせください