公務員が株式投資を合法に行う為の5大ステップ【最新版】




The following two tabs change content below.
北田豊

北田豊

ファイナンシャルプランナー・AFP・資産形成コンサルタント
外資系金融機関にて7年間勤務。連続年間表彰、上位1%の成績を収めた後、株式会社Bright Reachに副社長として参画、入社後半年以内で、代理店ランキング全国No.1に育て上げる。不動産・保険を活用した、節税・節約・資産形成コンサルタントとして活動。MDRT基準COTホルダー
パソコンに向かっている社会人男性

公務員は副業が禁止されています。では、公務員が株式投資をすることも禁止なのでしょうか。いいえそんなことはありません。実は公務員でも合法的に株式投資を行う方法があります。

公務員だからこそ、その利点を生かして株式投資で別の収入を得ておくべきと言えるでしょう。

公務員が株式投資を合法に行う為の5大ステップ【最新版】

1)そもそも「株」とは

【1】「株」とはなに?

・株とは?

会社が資金調達をするために発行するものが「株」です。

・株式投資とは?

株式投資とは、証券会社を通じて、企業が発行している株を購入して収益を得ることです。株式投資による所得はインカムゲインとキャピタルゲインがあります。インカムゲインとは株を保持していることで受け取れる配当利益のことです。

キャピタルゲインは、株の購入金額と売却金額の差益で得る利益のことです。株式投資のメリットとしては企業の業績がアップすれば、配当利益が増えたり株主優待をもらえたりという恩恵を受けることができることです。

【2】株式投資には種類がある?

・現物株取引

自分の現金で株式を取引するのが現物株取引です。

・信用取引

現金や株式を借りて取引するのが信用取引です。

・株式ミニ投資

通常の株式取引よりも少ない資金で株式を購入できる取引方法が株式ミニ投資です。

・単元未満株取引

単元株数に関らず1株から取り引きできる株式が単元未満株取引です。

・株式累積投資

毎月定額で株式を購入する投資方法が株式累積投資です。

2)公務員が株式投資を行うメリット4選

【1】メリット1:配当

公務員が株式投資を始めることで、効率的な資金運用と給与以外の収入を得ることができるという2つの点でメリットがあります。株を持つことで配当得ることができます。配当金額は企業の業績と保持する株の金額で変わってきます。

【2】メリット2: 株主優待

株主に株主優待を出している企業があります。株主優待は、その企業が運営する施設・店舗や販売している商品をお得に利用・購入できたり、通常であれば受けられないサービスを受けることができます。そのため良く利用する企業の株を持っていれば、株主優待でメリットを受けることができます。

【3】メリット3:値上がり益

株を持っている企業の業績が好調な場合、市場で取引きされる株式会社の値段も上昇していきます。そうすると株を購入したときよりも高い価格で売ることができます。この値上がり益でもうけることもできるというメリットがあります。

【4】メリット4:本業に支障をきたさず資産運用できる

公務員だとしても株式投資なら、副業禁止を定めた規定に抵触することなく行うことできます。

為替取引の掲示板

3)公務員が株取引を行うことは禁止?

【1】副業の定義とは?

公務員の副業は、国家公務員法「103条」と地方公務員法「38条」で禁止であることが明記されています。しかし、事業と呼べるほどの営利活動でなければ副業は行えます。その一つが株式投資です。

【2】公務員が株で禁止されているものはある?

公務員だからといって株式投資が禁止されているわけではありません。ただし業務中・勤務時間中に株取引を行うことはアウトです。

【3】その他の注意点とは?

株式投資にのめり込むあまり、業務に支障をきたすようになっては問題です。そうならないように余裕のあるお金と時間で投資を行うようにしましょう。

4)公務員が合法で株式投資を行う5STEP

【1】STEP1:証券口座の開設

株式の取引を行うには、証券口座の開設が必要です。最近ではネット証券口座を中心に、インターネットで口座開設を手軽にできるところが増えています。また口座の種類も一般口座、特定口座、NISA口座とあり、それぞれ確定申告での手続きが異なります。

【2】STEP2:資金の準備

株式投資を行うための資金を準備します。資金の額は余裕資産の範囲としてください。普段の生活に影響がある額を投資に回してしまうと、精神的にも気になって本業に支障が発生する可能性があります。

【3】STEP3:取引の開始

実際に株式投資の取引を開始しましょう。どこの企業の株式を購入するかは自分で選びます。将来業績が伸びそうな企業や、自分が気に入っている企業の株式を購入しましょう。

【4】STEP4:利益確定

定期的に株価のチェックを行いましょう。日々の値動きに一喜一憂する必要はありません。自分の中で、利益確定・損失確定するタイミングのルールを決めておきましょう。例えば10%値上がりした場合には利益確定する。10%値下がりしたときには損失確定するといったようにです。

【5】STEP5:確定申告

株式投資の結果を確定申告しましょう。一般口座の場合で譲渡所得が20万円以下の場合や特定口座(源泉徴収あり)の場合は、確定申告が不要です。特定口座(源泉徴収なし)で20万円を超える利益が出ている場合には、確定申告が必要になります。

5)始める前に知っておきたい公務員が株で成功する為の必須ポイント

【1】儲けることに気を囚われすぎない

儲けを得るために行う株式投資ですが、あまりにも儲けのことを気にしすぎてしまうと失敗してしまいます。変な局面で買い注文を出してしまったり、悪いタイミングで売ってしまったり。なにより、本業に影響が出てしまいます。そのため投資は収入の10%までに留めておきましょう。

【2】株価の変動は長期的に捉える

日々の株価に惑わされないようにしましょう。大きな流れで上昇局面なのか、下落局面なのかを見極めて売買を行いましょう。

【3】上手に損失を出す

株式投資で成功する人は、上手に損失を出します。これはどういうことかというと、下落局面の適切なタイミングで、損失を確定してしまうことです。いつか株価が上がるかもしれないと思って塩漬けにしていては、その資金はその塩漬け期間無駄になってしまいます。それなら、損失を確定させ新しい株式に投資し直した方が良いのです。

【4】儲けるより損をしないように気を付ける

株式投資をして儲けようとするよりも、いかに損をしないようにするかに気を付けましょう。そうすれば、自然と利益は出るようになります。

【5】時間を使いすぎない

どの企業の株を買うか、株価がいくらになったか、これらに時間を使いすぎないようにしましょう。株式投資はあくまでも余裕のある時間で行うようにしてください。時間を掛けて考えても、その時間が利益に結びつくとは限りません。返って本業に支障がでます。

まとめ

1)株式投資では、インカムゲインとキャピタルゲインで利益を得ることができる。

2)株式投資は、配当、株主優待、値上がり益のメリットがあり、本業に支障を出さずに運用することが可能

3)公務員の株式投資は原則として副業にならない。

4)上手に損失を出すことが成功につながる。

5)時間を使いすぎて本業に影響が出ないようにしよう。

The following two tabs change content below.
北田豊

北田豊

ファイナンシャルプランナー・AFP・資産形成コンサルタント
外資系金融機関にて7年間勤務。連続年間表彰、上位1%の成績を収めた後、株式会社Bright Reachに副社長として参画、入社後半年以内で、代理店ランキング全国No.1に育て上げる。不動産・保険を活用した、節税・節約・資産形成コンサルタントとして活動。MDRT基準COTホルダー




無料相談実施中!

【費用】無料

【内容】当メディアの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には、専門家にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お金を「稼ぐ」「貯める」「増やす」「守る」「遺す」の5つのステージから考える弊社独自のノウハウは、現在まで【1000名】を超える方々から支持されています。

小さな疑問から、まずはお気軽に「株式会社ブライトリーチ」までお問い合わせください