お金の悩み解消!5段階で作成するライフプランニングとは




The following two tabs change content below.
北田豊

北田豊

ファイナンシャルプランナー・AFP・資産形成コンサルタント
外資系金融機関にて7年間勤務。連続年間表彰、上位1%の成績を収めた後、株式会社Bright Reachに副社長として参画、入社後半年以内で、代理店ランキング全国No.1に育て上げる。不動産・保険を活用した、節税・節約・資産形成コンサルタントとして活動。MDRT基準COTホルダー

 

 

計算機を持って悩んでいる女性

様々なライフイベントで色々なお金が掛かります。その時にお金の悩みに振り回されないようにするには、しっかりとしたマネープランが必要です。ライフプランは、そのままライフプランでもあるのです。しっかりしたプランでお金を味方に付けましょう。

1)世間の代表的なお金の悩みって?

【1】悩み1:貯金が出来ない

お金に関する悩みで、やはり多いのが貯金が出来ないということです。あなたは、貯金が出来ない事で悩んでいませんか。他の人はどのくらいの貯金をしているのでしょうか。20代では、独身世帯148万円、2人以上世帯425万円。30代では、独身世帯233万円、2人以上世帯735万円。40代では、独身世帯295万円、2人以上世帯1,014万円。50代では、独身世帯538万円、2人以上世帯1,609万円。60代では、独身世帯845万円、2人以上世帯2,062万円。男女の違いを見ると、40代を除いては、男性の方が女性よりも貯金額が多い傾向があります。

参考:1世帯当たり種類別金融商品保有額(2016年/平成28年)(https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/stat/stat002.html)
参考:家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成19年以降)(https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/yoron/futari/2017/17bunruif001.html)
参考:年代,男女別の平均貯金額|独身/既婚/一人暮らしでの貯金額(https://mayonez.jp/topic/3548#num_96770)

【2】悩み2:収入が増えない

収入が増えないというのも、お金に関する悩みで多いものの一つです。昔の日本では終身雇用で、年々収入も増えていくモデルが一般的でした。社会構造も収入が増えていくことを前提に成り立っています。しかし、現在は収入は必ずしも増えていくことはありません。転職やキャリアチェンジによって、収入が減ってしまうこともあります。しかし、収入は増えないのに社会構造は収入が増える前提になっているため、将来的にお金が足りなくなってしまう可能性があると予想されるため、不安になるのです。

【3】悩み3:将来いくらお金が必要なのか不安がる

将来いくらお金が必要なのか分からないというのは、不安になる要素です。年金支給が何歳からいくらされるのかも現実的には分かりませんし、平均寿命が長くなったことで、何歳までの老後資金を用意すれば良いのか見通しが付かない、といった長生きリスクということばも生まれています。このような未来に対する不透明さも不安の原因になっています。

2)主なライフイベントにかかる費用の目安は?7つのタイミング

【1】結婚費用

結婚費用の全国平均額は、どのくらい掛かるのでしょうか。婚約から新婚旅行までに掛かる費用の全国平均は463.3万円です。その中で最も大きいのが、挙式・披露宴の費用で354.8万円。次いで、新興旅行費用の60.8万円となっています。

参考:結婚費用の項目と相場|親ごころゼクシィ(結婚費用の項目別全国平均額)

【2】出産費用

出産費用はどのくらい掛かるのでしょうか。全国平均では、48.6万円です。首都圏では高く、地方では安い傾向です。そして出産費用は、設備の充実などを理由に年々高くなっている状況です。

参考:47都道府県別『出産費用の平均額』と出費を減らす3つの方法|cawaiku(http://cawaiku.com/child/money/birth-cost-average-1917)

【3】教育費用

教育費用を見てみましょう。公立の幼稚園から公立小学校・中学校高校と進み、国立大学に進学した場合、平均額は366万円です。このケースだと家計への負担は低いですが、かなりの努力が必要です。次に私立の保育園から私立小学校・中学校・高校と進み私立理系大学に進学した場合は、平均額1,727万円が必要になります。正直かなり裕福なご家庭でなければ、結構な家計負担になります。

【4】住宅購入費

住宅の購入は人生の中でも最も大きい支出の一つです。その費用ですが、土地付注文住宅では3,900万円、建売住宅では3,300万円台、マンションでは4,200万円となっています。当然都市部では費用が高く、地方の郊外や農村に行くほど費用は安くなります。

参考:住宅の平均購入価格はいくらくらい?|公益財団法人生命保険文化センター(http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/house/3.html)

【5】老後の生活費

老後の生活費はどのくらい必要でしょうか。総務省の家計調査を元に試算すると、独身世帯では最低限の生活費で、年間129万円。ゆとりある生活を送る場合には、年間184万円が必要になります。夫婦世帯では、最低限の生活費で258万円、ゆとりある生活を送る場合で、年間368円必要です。

【6】介護費用

介護費用はどのくらいを見込んでおけば良いのでしょうか。要介護の状態にもよりますが、介護保険サービスの自己負担分を含む1カ月の介護費用は平均で7.9万円です。これに介護が必要となる期間がどれだけ続くかで、最終的に必要な金額は大きく変わります。

参考:ライフイベントとお金 老後編|NIKKEI STYLE(https://style.nikkei.com/article/DGXMZO21540580W7A920C1NZKP00?channel=DF280120166591)

【7】緊急資金

緊急資金はどのくらいあれば安心でしょうか。実際には人それぞれであり、正解はありません。しかし、一般的には、毎月の生活費の6ヶ月分を貯金しておくべきと言われています。これは、次の仕事を探し、収入を得るまでにこのくらいの期間が掛かることが多いからです。

マイホームのイメージ

3)まずはマインドを変える!お金のために働くのはやめよう

【1】本当に必要なものはなんだろう

本来は、働くということは社会に対して何らかの役目を負い、その提供価値の対価として収入を得るべきです。その役目が自分にとっても意味のあることであるのがハッピーです。しかし、収入を得ることが優先され、自分にとって無意味な(だと思われる)仕事を続けていることは不幸です。しかしそのような働き方をしている人が多いのも事実です。では、自分にとっても意味がある役割=仕事とは何でしょうか。その問いを、一度じっくりと考えてみましょう。

【2】ライフプランを作成しよう!作成の5STEP

(1)人生のなかでやりたいこと・成し遂げたいことを書き出す

ライフプランを作成するための第一歩は、あなたが人生の中でやりたいこと・成し遂げたいことを書き出すことです。もちろん、やりたいこと・成し遂げたいことが一つとは限りません。沢山有れば思いつく限り書き出しましょう。

(2)何歳までに達成したいかを決める

次に、やりたいこと・成し遂げたいことを何歳までに達成したいか目標の時期を決めます。その時に、時期が定まらないものは、やっている課程自体がやりたいことなのかもしれません。その場合は、常にどのくらいの時間を割いてやっていきたいのかを決めましょう。

(3)いくら必要かを見積もる

やりたいことと、やりたい時期がきまったら次にお金について考えましょう。目標の達成にはお金が掛かることもあります。それぞれの目標に応じて、どのくらいのお金が必要になりそうかを見積もっていきます。

(4)収入を得る方法を考える

必要なお金を見積もったら、そのお金をまかなう方法を考えます。仕事でお金を稼ぐ方法もあるでしょうし、節約で捻出する方法もあるかもしれません。もしかすると、寄付や出資でお金を集めるということも可能かもしれません。ここではあらゆる視点で考えることが重要です。

(5)計画に落とす

ここまでで、ライフプランを実現するための要素は揃いました。これらを具体的な計画に落とし込みましょう。計画のレベルは年次・月次とブレイクダウンして、実際に行動できるレベルまで小さくしていくことがポイントです。目標達成のために必要なのは、日々の小さな積み重ねです。毎日、少しずつでも目標達成のための行動が出来るような計画にしましょう。

【3】モデル年収・年代・家族構成など

30代男性の会社員で同じく会社員の配偶者ありのケースです。1人の子供がおり、世帯年収は800万円、月々の生活費(家賃や教育費除く)で25万円ほど掛かります。貯金は300万円あると将来はどうなるでしょうか。60歳で退職金を受け取れるので、比較的安心した生活を送ることができそうです。別のケースも見てみましょう。40代女性で会社員ですが退職金がありません。

配偶者はおり、会社員で、同様に退職金が無いケースです。子供が二人、世帯年収は1,000万円あります。住宅費や教育費を除くと月々の生活費は40万円掛かっています。毎月10万円の住宅ローンを支払っており、貯蓄がありません。こうなると、子供の教育費が掛かる時期に家計が赤字になり、将来的には破綻してしまいますので、年収が多いからと安心はできません。ライフプランの見直しが必要になります。

4)お金の増やし方を考えよう!シンプルに方法は3つある?

【1】お金を節約する

お金を増やす第一歩は、お金の節約です。節約のポイントは、まず固定費を減らすことです。日々の買い物や細々した費用に目を向けるよりも、毎月発生する費用の内、金額の大きなものを見直すだけで、効果は大きなものを得られます。

【2】働いてお金を増やす

お金を増やす次のステップは、働いてお金を増やすことを考えましょう。節約だけでは限界があります。やはり、収入を増やすことが、手元に残るお金を多くする効果が一番大きいのです。

【3】お金を投資する

節約を行い、収入を増やすことを行った結果、余剰のお金ができたら投資を行いましょう。お金は、そのまま持っているだけでは価値を生みません。価値あることやものに使ってこそ、意味を成すのです。その意味で、投資はお金に働いてもらうことになります。株式や不動産など投資先を吟味して、有効に活用しましょう。

5)お金を自分の為に働かせてみよう!資産運用のアイディア6選

【1】アイディア1:株式投資:難易度(☆☆☆★★)

・説明

株式投資は証券会社を通じて、企業が発行している株式を購入して収益を得るものです。

・特徴

株式投資のメリットは、企業の業績がアップすれば配当利益が増えたり、株主優待をもらえたりという恩恵を受けることができることです。また不動産投資などと違って管理のための手間が掛からないという点も挙げられます。デメリットは株価は企業の業績が落ち込むと低下するため、企業業績が不調な場合には収益が得られないというリスクがあります。そのため、できるだけ複数の企業に分散して株式投資をすべきです。

【2】アイディア1:FX貯金:難易度(★★★★★)

・説明

FX貯金とは、外国の通貨に貯蓄しそれを売買し、利益を得る方法です。

・特徴

基本は安いときに購入し、高い時に売ることで差益を得ます。実際に投資する金額以上のレバレッジを掛けて大きな利益を得る方法もありますが、逆に損失のリスクも大きくなります。投資する金額とどれだけ値動きがあるかで稼げる金額は大きく異なってきます。

【3】アイディア3:投資信託:難易度(☆☆☆★★)

・説明

投資信託は証券会社が作った金融商品に投資を行うものです。

・特徴

投資信託は、運用のプロであるファンドマネージャーが各ファンドの運用方針に従って投資判断から取引まで行います。単一銘柄の株式投資と比べると、1つの企業の業績に影響を受けないと言うメリットがあります。また通常個人では投資困難な発展途上国の株式や債券などを投資対象にできるというメリットもあります。デメリットは販売買付手数料や管理費用と言ったコストが掛かる点です。

【4】アイディア4:不動産投資:難易度(☆☆★★★)

・説明

不動産投資とは、利益を得ることを目的として不動産に投資することです。

・特徴

不動産投資には、アパートやマンションなどを購入して家賃収入で収益を得るインカムゲインと、購入した物件の価値が上がったときに売却し、その差額で利益を得るキャピタルゲインがあります。投資する物件によって、その収益は大きく左右されるため、物件の見極めが大切です。また、物件のメンテナンスも入居者確保のためには重要な要素になります。

【5】アイディア5:複合投資貯金:難易度(☆☆☆★★)

・説明

様々な投資先に分散投資を行うことで、投資リスクを低減し、より確実なリターンを得ようというのが複合投資貯金です。

・特徴

分散投資のため、各金融商品が個別に持つリスクと特徴は薄れます。その分、大きく儲けることは難しくなりますが、安定した資産運用が実現できます。

【6】アイディア6:ソーシャルレンディング:難易度(☆★★★★)

・説明

ソーシャルレンディングとは、比較的最近登場したサービスで、お金を借りたい会社と、お金を運用して増やしたい個人をマッチングするサービスです。

・特徴

個人から資金を集めるという仕組みのため、一種のクラウドファンディングとして分類されます。一般的に利回りが高いという特徴が有ります。また、通常の投資に比べて手間が掛からないのも特徴です。しかし企業が返済不可能になった時にデフォルトとなるというリスクがあり、そのリスクを個人が負わなければなりません。

6)成功者から学ぶ「お金の考え方」!5人の心構え

【1】「質の良いものにお金を使う」ケイト・ホワイト(コスモポリタン編集長)

ケイト・ホワイトは、「質の良いものにお金を使う」と言っています。これは質の良いものにお金を使えば、長く利用することができ、結果的に安いものを短いサイクルで買い換えるよりも、長期的に大きな節約になるからです。

【2】「今日卵を一つ持つより、明日めんどりを一羽持つほうがよい」トーマス・フラー

この言葉は、単純に答えだけを得るのでは無く、継続的に何度でも答えを得られる力や習慣を手に入れることが、成功の秘訣だと言うことを意味しています。

【3】「お金をどう使うのか?が大切」スーズ・オーマン

お金は持っているだけでは、価値はありません。お金を何に対して使ったかで、そのお金の価値が初めて決まると言うことです。周囲の人たちに自慢したいというだけのために、稼いだ金額以上のお金を使ってしまうのは馬鹿げたことです。からっぽの自分をよく見せるためにお金を使うことはやめましょう。例えば、自分の内面を充実させるためにお金を使うのは、とても価値のあることです。

【4】「(貯蓄の)カギは、収入のうち一定の割合を貯め続けること」デヴィッド・バッハ

老後資金や緊急資金を確保するためには、貯蓄が大事になります。そしてその貯蓄を行うために必要なことは、大きな収入があったときに、ごっそりとお金を貯蓄に回すことではありません。毎月の収入の中から一定の割合を貯め続ける習慣を持つことが、実は貯蓄を成功させる最も確実な方法なのです。

【5】「墓場で一番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ」スティーブ・ジョブズ

これは、人生において本当に重要なのは、お金を貯めることでは無いということです。「素晴らしいこと」をするために、今日何ができたか、それをするための手段として、お金はあるのです。お金を稼ぐだけの人生はむなしいものです。人生は、あなた自身が素晴らしいを思うことを達成するために、時間を費やすべきなのです。

7)お金の悩みで多いQ&Aについて

【1】出産でもらえるお金って?

出産をすると、出産手当金がもらえます。これは、勤務先の健康保険に入っている女性が妊娠・出産で仕事を休んだ場合で、その期間に給料の支払いがないときにもらえるお金です。また出産後には、出産育児一時金がもらえます。子供1人につき42万円が健康保険から支給されます。産科医療補償制度に加入していない医療機関で分娩する場合や、在胎週数が22週未満の出産の場合は40.4万円になります。

【2】教育資金を学資保険以外で貯めるには?

教育資金を貯めるにはどうすれば良いでしょうか。一般的には、学資保険という方法がありますが、学資保険も金融投資のひとつだと考えれば、他の投資方法で貯める選択肢も出てきます。例えば、不動産投資や金投資など、比較的長期安定的な投資先を選べば間違いないでしょう。

【3】住宅購入資金を効率良く用意するには?

住宅を購入する際に、住宅購入資金を全て貯金でまかなえれば理想ですが、それだと準備できるまでにかなりの時間が掛かってしまいます。そこで、時間を節約するために最も利用されるのが住宅ローンです。金利は掛かりますが、その分時間的に住宅購入時期を早くすることができます。また現在は、住宅の購入や新築などの目的で資金を贈与された場合、一定の要件を満たしたものについては、限度額までの金額を非課税にできるという特例制度があるため活用できます。

【4】新築を取得するときに優遇制度があるって本当?

新築で住宅を取得する際には、いくつかの優遇制度があります。最大30万円が助成される「すまい給付金」や家庭用燃料電池システム「エネファーム」を導入する場合の「エネファーム設置補助家庭燃料電池システム導入支援事業」の補助金です。また各市町村が実施する補助金制度もあるので、住宅購入の際にはあらかじめしらべておきましょう。

【5】自分年金、ターゲット・イヤー型の投資信託って?

自分年金とは、金融商品などを利用して、自分自身で老後の生活費を準備しておくことです。将来の公的年金の不足を見越した自衛手段です。そのための投資先のひとつが、ターゲット・イヤー型の投資信託です。あらかじめ目標とする年を決め(例えば、定年の年)、運用していくものですが、特徴としては最初は積極運用を行い、ターゲット・イヤーが近づくにつれて安定運用に切り替えていくものです。

【6】年金支給までの空白を埋める資産運用方法は

将来的に年金支給年齢は高くなっていくことが予想されます。しかし、定年の年齢が、年金支給年齢まで引き上げられるかどうかは不透明です。そうなると空白期間が生まれるため、その期間の生活費を何らかの方法で得る必要があります。その方法の一つが個人年金保険です。老後資金の確保のために、株式投資などのリスクを負いたくなく、ある程度確実な運用を行いたいという場合に、個人年金保険という資産運用方法がマッチします。

【7】介護費用を抑えられる「世帯分離」って何?

「世帯分離」とは、住民票に登録されている一つの世帯を、二つ以上の世帯に分けることです。介護を受ける親世帯と、介護を行う子世帯を分離することで介護費用を抑える方法です。世帯分離を行うことによって、介護サービスの自己負担額を軽減できたり、国民健康保険料の負担を減らせる可能性があります。

【8】お金があれば保険はいらない?保険に頼らない方法は?

保険とは、自分で用意できないお金を、保険によってまかなうためのものです。そのために、保険を使うまでは掛け金を支払うのです。しかし、自分でお金を用意できるのであれば、保険に頼る必要はありません。保険には支払われるための条件があります。その条件を満たさなければ、掛け金を支払っていても、保険料が支払われないリスクもあります。自分で確実にお金を用意できる場合、そのリスクを負う必要はありませんので、保険も必要ないと言うことになります。

【9】ベーシックインカムってどんな構想?日本で実現するの?

ベーシックインカムとは、最低限の生活を営むためのお金を、国民全員に無条件・無期限で給付する制度です。日本でもベーシックインカムについて、議論されたことはありますが、現状は制度として導入されていません。また導入するとしてもいくつかの問題をクリアする必要があります。まず財源の問題です。現在の国の財源だけではまかなえないため、新たな増税が必要になるという試算結果もあり、富裕層や企業からの反対が予想されます。また、働かない人のフリーライドが増えるのでは無いかという懸念もあります。しかし、日本でも社会各社が広がっている現実から、ベーシックインカムは今後引き続き導入を検討していくべき事項ではあります。

まとめ

【1】お金の三大悩みは、貯金が出来ない、収入が増えない、将来いくらお金が必要なのか不安。

【2】主なライフイベントにかかる費用の目安を把握しておこう。

【3】お金を増やすために、お金を自分の為に働かせてみよう。

【4】「今日卵を一つ持つより、明日めんどりを一羽持つほうがよい」トーマス・フラー

【5】人生で最も大きい買い物である住宅購入の優遇制度をしっかり把握しておこう。

The following two tabs change content below.
北田豊

北田豊

ファイナンシャルプランナー・AFP・資産形成コンサルタント
外資系金融機関にて7年間勤務。連続年間表彰、上位1%の成績を収めた後、株式会社Bright Reachに副社長として参画、入社後半年以内で、代理店ランキング全国No.1に育て上げる。不動産・保険を活用した、節税・節約・資産形成コンサルタントとして活動。MDRT基準COTホルダー




無料相談実施中!

【費用】無料

【内容】当メディアの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には、専門家にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お金を「稼ぐ」「貯める」「増やす」「守る」「遺す」の5つのステージから考える弊社独自のノウハウは、現在まで【1000名】を超える方々から支持されています。

小さな疑問から、まずはお気軽に「株式会社ブライトリーチ」までお問い合わせください