サラリーマンでも賢く資産運用!株式投資で大切な5つの事




The following two tabs change content below.
北田豊

北田豊

ファイナンシャルプランナー・AFP・資産形成コンサルタント
外資系金融機関にて7年間勤務。連続年間表彰、上位1%の成績を収めた後、株式会社Bright Reachに副社長として参画、入社後半年以内で、代理店ランキング全国No.1に育て上げる。不動産・保険を活用した、節税・節約・資産形成コンサルタントとして活動。MDRT基準COTホルダー
タブレットを使っているサラリーマン

株式投資してますか。サラリーマンで毎月給料が入るし投資なんかしてないよ。株式投資はよく分からないから銀行に預金している。ということはありませんか。

株式投資を行うことは資産を守るリスクヘッジになります。サラリーマンこそ株式投資を始めましょう。

サラリーマンでも賢く資産運用!株式投資で大切な5つの事

1)そもそも”株式投資”とは?

【1】株式投資とは?メカニズムとは?

株式投資は証券会社を通じて、企業が発行している株式を購入して収益を得るものです。株式投資のメリットとしては企業の業績がアップすれば配当利益が増えたり株主優待をもらえたりという恩恵を受けることができることです。デメリットは株価は企業の業績が落ち込むと低下するため、企業業績が不調な場合には収益が得られないというリスクがあります。

【2】株式投資の2種類の利益とは?

・キャピタルゲイン

株式投資による所得はキャピタルゲインとインカムゲインがあります。キャピタルゲインは、株の購入金額と売却金額の差益で得る利益のことです。

・インカムゲイン

インカムゲインとは株を保持していることで受け取れる配当利益のことです。

【3】株っていくらから買えるの?

株は「1株あたりの株価×株の購入単位である単元」で計算される金額から購入できます。実際の購入できる金額は、その企業ごとに異なり、少ない金額では数千円から購入できる株がある一方、数百万円単位でなければ購入できない株もあります。

【4】株の売買は24時間いつでもできるの?

株を直接取引をできる時間帯は、平日の朝9時から11時30分までの「前場」と、12時20分から15時までの「後場」です。なおネット証券を使えば売買の注文指示自体は24時間行うことができます。その場合は次に取引所が開催されるタイミングで、実際の注文が出されます。

2)サラリーマンが株式投資を始める3種類のメリットとは?

【1】メリット1:配

サラリーマンが株式投資を始めるというのは、効率的な資金運用と給与以外の収入を得ることができるという2つの点でメリットがあります。まず株を持つことで配当得ることができます。配当金額は企業の業績と保持する株の金額で変わってきます。

【2】メリット2:株主優待

企業によっては株主に株主優待を出しているところもあります。株主優待は、その企業が運営する施設・店舗や販売している商品をお得に利用・購入できたり、通常であれば受けられないサービスを受けることができます。そのため良く利用する企業の株を持っていれば、株主優待でメリットを受けることができます。

【3】メリット3:値上がり益

株を持っている企業の業績が好調な場合、市場で取引きされる株式会社の値段も上昇していきます。そうすると株を購入したときよりも高い価格で売ることができます。この値上がり益でもうけることもできるというメリットがあります。

3)様々な株式の種類を解説!12種類の株とは?

【1】3種類の取引形態

・上場株

上場株とは、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、ジャスダックの証券取引所に上場されている株式のことです。

・店頭株

店頭株は、旧店頭市場であったジャスダック市場に株式を公開している株式を指します。

・未公開株

未公開株は、上場株、店頭株以外の株のことです。未上場株とも呼びます。普通は売買できません。

【2】国籍による分類

・日本株

日本株とは、日本企業の発行する株式です。一般的に円建てで購入するため、日本国内の景気の影響を受けますが、為替の影響は受けません。

・外国株

外国株とは、海外の企業が発行する株式のことです。企業がビジネスを展開している国の景気の影響は受けますが、日本の景気の影響を直接受けないため、日本株と同時に保有することでリスクヘッジとなります。外国株については単純な株価に加えて、為替の変化も利益に影響します。

【3】株式の様式による分類

・額面株

株券に金額表示があるものを、額面株といいます。額面株の制限として、額面金額を下回る価額で新株の発行はできませんでした。2001(平成13)年10月1日に施行された商法改正により額面株は廃止となり、現在は無額面株に統一されました。

・無額面株

株券に金額表示が無く株数だけのものを、無額面株式といいます。昔は額面株を発行する会社が多くありました。しかし実際に市場流通する株は、時価が額面からかけ離れてしまい額面を記載することに意味がない状況になります。

そのため無額面株式を発行する会社の方が多くなりました。また企業が無額面株を発行するメリットとして、株式分割がしやすいといった点もあります。以前は無額面株の場合、発行価額は5万円を下ってはならないという規制がありましたが、現在は撤廃されています。

【4】権利内容による分類

・普通株

普通株とは、通常に投資家の間で売買される株式です。単に株式といえば普通株のことを指します。普通株式を持つことで、経営に参加したり配当を受け取ったりする権利が持てます。

・優先株

優先株とは、普通株に比べて配当金を優先的に受ける、あるいは会社が解散したとき残った財産を優先的に受け取れるなどの投資家にとって優先的な権利内容がある株式です。ただし一般的に、議決権については制限されます。

・劣後株

劣後株とは、優先株と逆に普通株よりも後に配当金や残余財産の分配を受ける、投資家にとっては不利な株式のことです。通常は会社に利益が出ていない場合、株式を発行して増資すると、一株当りの価値が下がってしまい既存の株主の配当も下がる恐れがあります。そこで、普通株主の利益を損なわずに、資金調達する方法として劣後株が考えられました。

【5】特殊様式による分類

・償還株

償還株とは、株式の一種で発行後一定期間後に利益による償却が予定されている株式です。利益がなければ期間が経過しても償還されませんが、償還準備金を積み立てるのが通常となっています。

・転換株

転換株とは、数種の株式が発行されている場合に、他の種類の株式に転換できることを認められている株式です。または強制転換条項付株式も転換株といいます。株式に投資の安全性と投機性を与えることで、引受け希望を多くさせるために利用されます。

解説をしているビジネスウーマン

4)絶対的にオススメでチェックすべき2種類の株

【2】上場インデックスファンドTOPIX

上場インデックスファンドTOPIXは、東京証券取引所に上場(コード:1308)しており、TOPIX(東証株価指数)の動きと連動させるインデックスファンドです。市場税対の動きと連動させるため、市場の多くの株を少しずつ買ってパッケージ化しているようなイメージです。そのため、上場インデックスファンドTOPIXをひとつ購入するだけで、リスクヘッジになります。

【3】ニッセイ外国株式インデックスファンド

ニッセイ外国株式インデックスファンドは、日本を除く世界主要先進国の株式に投資することで、MSCIコクサイ・インデックスに連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。値動きの異なる上場インデックスファンドTOPIXと合わせて購入することで、リスクヘッジの効果は更に高くなります。

5)何が必要?株式投資をスタートさせるには?

【1】証券口座の開設

株式投資を行うには、まず証券口座を開設する必要があります。証券会社には店舗型証券会社からネット専業証券会社まで多くがあります。自分の投資スタイルにあった証券会社を選びましょう。また口座の種類も一般口座、特定口座、NISA口座とあり、それぞれ確定申告での手続きが異なります。

【2】ネット口座が安くてメリットがある?

一般的には店舗型証券会社よりも、ネット専業証券会社の方が手数料が安く設定されています。そのため、自分である程度の知識を身に付け運用していく場合には、ネットの口座の方が有利だと言えます。

【3】手数料を低く運用していこう

株式の取引では手数料が発生します。証券口座をかいせつすると口座維持手数料がかかる場合があります。実際には多くの証券会社で口座維持手数料は無料となっています。また株式の売買を行った場合には、約定金額によって取引き手数料が掛かります。

取引き手数料は売買の都度、回数に応じて発生するケースと売買の回数にかかわらず定額であるケースとがあります。株式の利益を最大化するためには、自分の売買頻度と金額に照らし合わせて、最も手数料が低くなるケースを選択することが重要です。

6)ここにチェック!サラリーマンが株式投資で注意したい5つのこと

【1】注意1:株価を変動させるす3大原因

・景気

株価を変動させる要因としての一つに景気があります。市場全体として、景気が良くなると株価が上がります。逆に景気が悪くなると株価が低下します。

・業績

企業の業績も株価を変動させます。企業の業績が好調であれば株価が上がり、業績が悪化すると株価が低下します。

・需要と供給

需要と供給にギャップがある場合も株価が変動します。

【2】注意2:結局どんな状況だと損をしてしまう?

・倒産

倒産するとその会社の株は売り注文が殺到して、結果として株価が急落していきます。株の価値が低下してしまうことによって売却できたとしても損をしてしまいます。

・株価下落

企業の業績が悪化すると、株の配当金が少なくなったり、無くなったりすることがあります。また株主優待も廃止される場合があります。企業価値自体も低下するため、その企業の株を持ちたいという人が減ってしまいます。その結果売り注文が多くなり需要と供給の関係から株価が下落し、損をしてしまいます。

・上場廃止

企業の業績悪化などの理由によって会社の上場廃止が決定すると、取引所での取引きができなくなります。流動性が無くなるため、上場廃止になりそうなときには多くの場合で売り注文が殺到し、株価の下落が起こります。

【3】注意3:株式投資はいくらからスタートさせるのが妥当?

株式投資をはじめる妥当な絶対的な金額はありません。しかし自分が貯蓄に回す金額の50%を株式投資に回していくと言うのが、リスク分散という観点からも一つの目安になります。株式投資を行った後は、保有株の企業業績や株価の変動を見ながら適時、利益確定や損切りを行っていくようにしましょう。

【4】注意4:株式投資には元本保証がないことを知っておくこと

株式投資は預貯金と異なり元本保証がありません。つまり、投資した金額を大きく増やせる可能性があるものの、逆に投資した金額よりも減ってしまうリスクがあります。そのことを理解して自分で許容できる範囲での株式投資を行うようにしましょう。

【5】注意5:その道のプロに相談をしながらじっくりと検討を

株式投資は自己責任です。リスクは自分で負う必要があります。そのため、投資に詳しいプロに相談しながら行うことで、リスクをできるだけ低減することができます。証券会社の担当者やファイナンシャルプランナーに相談しながら株式投資の知識を増やしていきましょう。

まとめ

1)株式投資と、企業が発行している株式を購入して収益を得ること

2)株式投資の収益は・キャピタルゲインとインカムゲインがある

3)配当、株主優待、値上がり益が株式投資のメリット

4)上場インデックスファンドTOPIX、ニッセイ外国株式インデックスファンドでリスク分散した株式投資を実現

5)倒産、株価下落、上場廃止で損をするリスクを理解しておこう

6)元本保証の無い株式投資は大きく儲けられる可能性も目減りしてしまう可能性もある

The following two tabs change content below.
北田豊

北田豊

ファイナンシャルプランナー・AFP・資産形成コンサルタント
外資系金融機関にて7年間勤務。連続年間表彰、上位1%の成績を収めた後、株式会社Bright Reachに副社長として参画、入社後半年以内で、代理店ランキング全国No.1に育て上げる。不動産・保険を活用した、節税・節約・資産形成コンサルタントとして活動。MDRT基準COTホルダー




無料相談実施中!

【費用】無料

【内容】当メディアの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には、専門家にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お金を「稼ぐ」「貯める」「増やす」「守る」「遺す」の5つのステージから考える弊社独自のノウハウは、現在まで【1000名】を超える方々から支持されています。

小さな疑問から、まずはお気軽に「株式会社ブライトリーチ」までお問い合わせください